付き合っていた彼氏から振られました

そろそろ結婚をしたいと考えていた矢先に、付き合っていた彼氏から振られてしまいました。

なんでもっと早く言ってくれないかと思ったのですが、二人でやっていく自信がないと言われてしまったのです。

30を過ぎてそのようなことをいうなんて信じられないととてもショックだったのですが、そのような気持ちのまま付き合い続けられたり結婚をしなかったのは今となってはまだよかったのかなと思います。

さすがにこの状況で一から恋人探しをして結婚をするとなると大変なものではありませんから、結婚相談所を利用して相手探しをすることにしました。

普通に恋人を探してまた同じようなことを繰り返すことになるよりは、最初から結婚を前提で付き合ってくれる人を探すことができる場所を利用したほうが良いと考えたのです。

その一方で結婚相談所に登録をしている人は、売れ残っている人が多いのではという気持ちもあって期待できない部分もありました。

しかし、他に方法はなかったので藁にもすがる思いで結婚相談所を利用することのしたのです。

いざ利用をしてみると思っていたよりもいい感じの人が多い雰囲気で、むしろ前の彼氏よりも良い人が見つかりそうという感じがありました。

高望みをすることはできませんでしたが、前の彼氏よりもスペックの良い人を選ぶことができるというところまでわかったのです。

そのような部分で結婚相手を決めるというのもなんか違うとは思ったのですが、最終的には相性で決めるので最初の段階はこのような条件で絞り込んでみるのも良いのかなと考えていました。

何人かとマッチングしてもらった感想として、皆結婚に対して真剣に考えているということがわかり上手く行けば短期間で結婚できるかもという感じがありました。

それは早い段階で実現することになり自分には勿体無いぐらいの人が、積極的にアピールをしてきてくれてついには結婚ということになりました。

30を過ぎてから振られて、そこからすぐに相手を見つけて結婚というドタバタがありましたが今ではとても幸せです。

大手結婚相談所の1回での紹介人数と戦略

仲介人が手とり足とり指導をしてくれる、地元密着規模の中規模の結婚相談所は別ですが、大手結婚相談所の場合は毎月、毎回、機械的にマッチングして抽出された相手を紹介され、その中からプロフィールなどを見て実際に会いたいかどうか、申し込みの判断を行います。

■1回の紹介人数はどのくらい

これは個人差や、入会しているコースによります。高いコースになると1回につき30人程度の異性を紹介してもらえる場合もありますが、そのようなコースは月会費が数万円するものです。

そうではない場合は1回につき10人~15人と言うことが多いようです。当然全員と会うのは難しいので選ぶことになります。

通常の場合、男性側から女性に申しこむことが多いのですが、その場合ある程度お断りさせることを意識して、多めに申し込み必要はあります。言い方は適切かどうかわかりませんが、

・本命(全員に申し込む)
に加えて
・キープ候補
についても同様に何名か申し込みことが必要になります。それは男性側だけではなくて、女性側も本命男性からの申し込みだけを受けるのではなく、「会ってもいい」レベルの人であっても積極的にコンタクトの申し込みを受けるべきです。

ひょっとすると実際に会ってみていい人かもしれません。婚活の場合、外見やステータスがいい人は、どこでも倍率が高くなります。ひょっとするとそうではない人のほうが価値観が合うかもしれません。

色々な人と会ってみる、というのも婚活の面白さでもあります。

■実際にどのくらいの人と会うべきか

これは男性側はどのくらいOKもらえるのかによりますので不確定です。女性はOKした人の数だけ会うことができると考えましょう。できれば、月5~6人と会ってください。かなり大変かもしれませんが、婚活は短期決戦です。

もしその中でいい人がいれば、徐々に会う人を減らしていきましょう。絞りつつ優先順位をつける→本交際に持ってく、が基本です。その前の選考段階ではなるべく多くの人と会う必要がありますので、1月に5~6人と会ってください、ということになります。

大変ですが、がんばってきましょう。

結婚相談所でのパーティ以外のイベント、企画はどのようなもの?

結婚相談所で行われるイベントは、定期的なパーティだけではありません。みなさんの婚活力を高めるための各種講座や、体験教室、人生設計のためのセミナーなど豊富なメニューがあり、役に立てることができます。ここではパーティ以外のメニューについて紹介いたします。

■交流イベント、体験教室

出会いを目的としたものですが、パーティではありません。具体的にはハイキングやバーベキューといった体験交流ができるもの、花火大会や演劇鑑賞などのイベントへの参加などが挙げられます。

費用はかなり高いのですが、同じものを楽しみことができるため、男女ともに参加率は高く、(出会いがなかったとしても)元は取れそうです。ただし、自分から積極的に交流しないと、受け身の姿勢ではパーティ以上に何もできずに終わってしまいますので注意してください。

■婚活力向上講座

男性向けの「面接時のファッション、身だしなみ講座」、女性向けの「メイク講座」、男女共通で「好感のもてる話し方講座」など、婚活に直結する力を醸成する講座が開講されています。

ここで、自分の婚活力を見直していただくとともに、より具体的に何をすればよいのか勉強することができます。もちろん、その場で一緒になった異性に話しかけて出会いにつなげるのもOKですし、同性の友人を作るための手っ取り早い手段でもあります。

ただし、あくまで主目的は婚活力の向上になります。

■ライフプラン設計講座

不動産取得、株取引、資産運用など、結婚後の家庭生活に役に立つ内容の講座も開講されています。知っていて損はないことばかりですが、婚活の主目的である結婚相手を見つけるということを忘れないでください。

これは、優先順位的には高くありません。もし、婚約が決まっているなど、婚活が成功しつつある段階で受講するものについては結構だと思います。あくまで婚活を成就させることを優先してください。

この他にも、結婚相談所は色々なイベントを企画しています。考えていただきたいのは、あくまで「オプション」の1つだということ。毎回の紹介&パーティでの活動を両輪にすることは大原則です。その上で興味のあるものに参加してみる、というスタンスでいきましょう。

最初の面会の費用負担はどちらが多く支払う?

お金に細かい人だとは言われたくないのも事実ですが、婚活をするにはお金がかかるわけで、その負担について1度考えておく必要があります。男性多め、女性少な目というのが相場ではありますが、その機微については臨機応変に考えておく必要があります。

■なぜ男性が多く支払うのか

結婚相談所に登録している人は、男女とも恋愛経験があまりないという人もいます。自分から避けてきたのか、振られ続けてきたのか理由は様々ですが、男性が多く支払うというのは、男性側のリスクヘッジでもあります。

結婚相談所のアドバイザーは「とにかく初回は男性側が全部支払いなさい」というアドバイスをするケースが多いです。これは女性優遇とか、そうしたことではなく、支払いにおいてのマイナスイメージを与えるリスクを減らすためのもの。

上述のように慣れていない男性も多いので、ともかく初回については、男性が全部支払うことで次の面会につなげやすくします。

「ここの支払いは・・・」
「あなたはいくらで、私はいくらで・・・」
「私にも払わせてください」

みたいなやり取りをレジで行うと、それまでの会話が盛り上がったとしても興ざめしてしまいますし、「お金に細かい人」という印象をお互いに与えることは(この段階では)ふさわしくありません。結婚してお金にだらしがない人は困るわけですが、それは別の話です。

スマートな男性であれば、女性が席を外した隙に支払いを済ませて、脈があるかどうかで全部おごるのか、少しもらうのか判断できますが、そうしたことが苦手な人が多いでしょうから、とにかく初回は男性がおごる、以降も男性が多めに出すということになります。

これによって支払いの要素のリスクをなくして、他の部分で好きになってもらう余地を増やしていくわけです。

■女性側が折半する場合は・・・

とはいえ、女性側からすると「男性に借り」を作るのがいやという場合もあります。この人はダメでもう会いたくない、お断りという場合は、その意思を示すために、自分の分は自分で払うということもありです。

そうすれば、心置きなく断ることができます。一方、男性側も「この女性はお断り」という場合は、「じゃあ別々で」ということもOKです。嫌な人の分も全部おごる必要はありません。これによって、暗黙のうちに「お断り」の意思を示すことができます。

結婚相談所での「横のつながり」も重要

結婚相談所では同性はライバル。パーティなどではその人たちとの競争に勝たないといけません。また、1対1のお見合い形式でも、「キープ」から「本交際」の相手へと選ばれる必要があります。それでは結婚相談所では同性は完全に敵対する相手なのでしょうか?
実は、そうでもないのです。

■同性との面識を得る方法

同性の紹介があるわけはありませんから、パーティなどで知り合い、そこで連絡先を交換する必要があります。と書くと、変な感じですが、パーディで盛り上がり異性と2次会へ行くというケースはそれほど多くないのです。

通常ならそこで流れ解散になりますが、思い切って同性同士の「反省会」を企画してはいかがでしょうか。普段、我慢している本音や、婚活の進行状態、うまくいきそうな場合のテクニックなど「先輩」「同僚」として聞くことができます。

実はかなり盛り上がります。結婚相談所はパーティなどで知り合った人との連絡先の交換は否定していません(というか異性ならばどんどん交換するべきですよね)。その規定は同性の連絡先の交換を否定しているわけではありません。その「抜け穴」を利用するわけです。

■「本音」を語れる横のつながりが思わぬ結果を生む

本音トークでストレス解消や、上手に行く戦略を得ることができるだけではなく、人間に「友人」になることができます。職場の同僚や学生時代の友人には、結婚相談所で活動していることを言えない、という人も多いと思いますが、ここでの同性は「戦友」として婚活における価値観の共有が可能です。

婚活で行き詰った時の相談や、トラブルになりそうな時のアドバイスなども期待できます。また、その「友人」が結婚相談所以外での出会いの機会を提供してくれるかもしれません。

合コンのメンバーとして呼んでもらえる、知り合いのお見合い仲介人を紹介してくれるなど、友人として近くなればなるほど、具体的なメリットを得られる可能性があります。こうした思わぬ「つながり」を活かせるかどうかが婚活成功の分かれ目になります。

ただし、「結婚」という共通目的を持っているわけですから、「友人」がうまくいって先に結婚してしまうことも十分あり得ます。そのときは、嫉妬してはいけません。素直に「おめでとう」という寛容さが必要。それが厳しいのならば、無理に同性と仲良くならなくても大丈夫です。

あくまで結婚相談所の活用法の1つとして紹介させていただきました。

結婚相談所のパーティは高いか安いか

結婚相談所には多種多様なパーティがあります。異性が来るわけですから、参加すれば出会いの機会になる可能性はゼロではありませんよね。しかし、その費用に見合っただけの結果があるかどうかは個人の価値観になります。

■パーティは結婚相談所の稼ぎ頭

パーティを企画する側の結婚相談所の論理で考えると、パーティは儲けが高いドル箱になります。1つの会場に数十人~数百人入れて、司会などもあまり行いません。当事者間で進めて「あとはよろしくお願いします」というのが本音です。

土日のパーティ内容を見ていただくとわかりますが、レストランなどで行う場合、午後14時~17時の間に行うことが非常に多いことに気付くと思います。これは何を意味するのか。この時間、お店は午後の休憩時間なのです。つまり、お客がいない時間を安く借り切って運営をします。

お店のほうも、お客が来ない時間に人がいるわけですので、儲けもありwin-winです。しかも、料理はほとんど出ないものと思ってください。正直、まともに話そうと思ったら食べていてはいけないのですが、あくまで「場の提供料と雰囲気代」として数千円支払うわけです。結局、「パーティに出ている」と自分に言い聞かせるための方便でしかないのでは?と思うかもしれません。

■出席するならば安いパーティ

結婚相談所では入会の段階でフィルタがかかっていますので、「パーティが安いから質が悪い」ということはありません。ですので、パーティに出るならば安いものでも安心です。場所は、結婚相談所の会議室で行うもので十分ではないですか。

そこで本当に価値観の合いそうな人と出会えばよいのです。おしゃれなお店でおいしい料理を楽しむのは、実際に付き合ってからで十分。余計なお金はそのときのために取っておいた方が賢明です。もちろん、それでも行きたいという人はOKです。最初にも書きましたが、行けば可能性は0ではありません。

でも、同じ時間を使うのであれば、1対1のコンタクトに時間を割くのが結婚相談所活用の王道だと思います。

ということは、他では教えてもらえないでしょうから、あえて書かせていただきました。